MENU

ななもり。のツイキャス配信は謝罪と感謝と決意!5分で分かるようにまとめてみた

2022年12月14日午後3時、すとぷりのメンバーで活動休止中のななもり。さん(以下ななもりと表記)が、3月14日以来9か月ぶりにTwitterを更新し、21時からの配信予告をしました。

この記事では、ななもりさんのツイキャス配信の内容

  • ななもりがなぜツイキャスで配信したのか
  • ななもりが活動休止中に考えたことや行っていたことは何か
  • ななもりがこれからどのような活動をするのか
  • ななもりからジェルくんについての説明

についてまとめました。

途中聞こえなくなったり、声が小さくなってしまったりして全てを拾うことは出来なかったと思うのですが、
配信を見られなかった方が内容を理解できるように書き起こしました。

ぜひ最後までお読みください。

目次

ななもり。のツイキャス配信は20分間停止状態だった

2022年12月14日午後3時、ななもりさんのツイートに21時からの配信予告がありました。

この度は多大なるご迷惑、ご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
本日の21時から今後の活動について生放送でお話させていただきます。
よろしくお願いいたします。

Twitter

この約束通り、ツイキャスでの配信は21時から始まりましたが

開始10分で100万人以上がアクセスしたことにより、ツイキャスが重くなりすぎてしまい
しばらくななもりさんの声を聞くことは出来ませんでした。

ななもり。がツイキャスでの配信を選んだ理由はリスナーさんへの思い

何とか音声が聞こえるようになり、ななもりさんはリスナーさんに確認を取りながら、21時21分に配信が始まりました。

ツイキャスを配信の場に選んだのは、ななもりを本当に好きでいてくれている方(リスナーさん)に向けて話したかったからとのことでした。

そして、本題の話は21時23分から始まりました。

まず、聞いている方に前提として伝えたいことを述べました。

  • 台本書いて読み上げるみたいな配信ではない
  • すごくてんぱっている
  • 伝えたいことはちゃんとあって、自分の中では整理できている
Twitter

まず、みんなに心配をかけて、
裏切ってしまって、
待たせてしまって、
悲しい辛い思いをさせてしまって、
本当に申し訳ありませんでした。
ごめんなさい。

謝罪の言葉については、配信中に何回も口にしており、リスナーさんに思いを伝えたいという気持ちが伝わってきました。

自分がしてしまったことについては以下のように言及しました。

  • 相手がいることなので、内容について詳しいことは話すつもりはない
  • 間に人に入ってもらって話し合い、別々の道を歩むことになった
  • 細かいことについても言い訳をするつもりはない
  • 本当にごめんなさいしかない

今回の配信は

リスナーさんにも、
メンバーにも、
スタッフにも、
関わってくれる関係者の方全てに
これまでのこととこれからのことを自分の言葉で伝えたい

という思いで行ってるということを、一つ一つ言葉を選びながらゆっくり話していました。

ななもり。が活動休止中に考えていたことはすとぷりに関わる全ての人についてだった

前提の話として謝罪を述べた後、9か月の活動休止中にななもりさんが何を考え、どういった活動をしていたのかについて説明しました。

この9か月の間にななもりさんが考えたことに関しては

  • 自分がしてしまったことと相手の方へ向き合わなければいけなかった
  • これからのことが決まらないと何もみんなに伝えられないと思った
  • このままでは、みんなの前で話す資格がない
  • すとぷりやメンバーの活動、グループでの活動について考えていた
  • 応援してくれていたリスナーさんの中でマイナス100になってしまった自分をどうやってマイナス99にできるか考えていた

といった内容でした。

すとぷりに関することは

  • メンバースタッフと話し合った
  • 自分の気持ちだけで決められないこと、色々な兼ね合いがあって難しい部分がたくさんあり、逃げ出したくなる日もあった
  • 自分が言うのはおこがましいが、すとぷりをどうしたら守れるのか考えていた
  • こんなことをしてしまったのに好きで大事に思ってくれるリスナーさんへの感謝
  • 自分がしてしまったことへの後悔と自分の未熟さに反省するしかない毎日
  • できる限り多くの人が納得できる形は何かを考えていた

という内容を一生懸命伝えようと話していました。

また、自身の進退については

本当に色々なことを考え、辞めようとも考えていた

と述べました。

しかし、一番大切なリスナーさんに優しい言葉をもらい、応援してもらい、メンバーやスタッフに求められるなら頑張りたいという思いで

この9か月間は裏側で、すとぷりの活動を支えるような仕事をして関わっていた

と説明しました。一方で

自分が関わることで嫌な思いをする子がいることも理解できるので
本当に関わっていいのか悩んでいた

という胸の内も明かしました。

裏方としてすとぷりが東京ドームの舞台に立つのを見た時には、
自分も本当はあの場所に…と思うと自分のしてしまったことへの後悔、反省しかなかった

という大きな舞台に裏方として関わった時の心境も話していました。

ななもり。の今後は個人活動とすとぷりの裏方

これからについて話す冒頭で、ななもりさんは

  • 配信が好き
  • メンバーが好き
  • リスナーさんが大好き
  • 改めて実感し、これしかないという気持ちが強くなった

と語りました。

そして今後について

  • これからはななもりとしての活動を再開
  • すとぷりとしてではない
  • みんなには見えない部分はあるけれど、裏から支える形でリスナーさんに「楽しい」を届けたい
  • すとぷりに関わって、頑張りたいと思っている

ということをはっきりとした口調で宣言しました。

Twitter

今後についての自分の気持ちについては

  • 自分は受け入れてもらえるのか分からないけれど、頑張りたい
  • 自分の声で伝えたかった
  • 今まで活動に関しては必死になってきたことは本当
  • ここからはななもりとして一つずつ積み上げていきたい

という不安と決意が入り混じった気持ちを自分の言葉で話しました。

ななもり。が最後に伝えたのは謝罪と感謝と決意

ななもりさんは、最後に自分の思いを時間をかけて話しました。

申し訳ありませんでした。(長い沈黙)

最後に、リプライやDMやツイートでダメな俺にメッセージを送り続けてくれた子たち、ありがとう、ごめんなさい。

関わっていてくれている全ての人にごめんなさい。

できることは辞めたり逃げたりすることではない。
自分ができるベストな形で頑張っていくこと。

ありがとうございました。
本当にありがと。

この話をすぐに受け入れて欲しい、肯定して欲しいわけではない
伝えたかった

自分にできることは全部やっていきたい
行動することで証明していきたい

ツイキャスで伝えられてよかった
ありがとうございました。

何度も何度も謝罪と感謝の気持ちを言葉にしていました。
これからの活動に向けた自分の決意を表明することで、ななもりさんはこれからどうなるの?と不安に思うリスナーさんを少しでも安心させたかったのかなと思います。

ななもり。がジェルくんについて説明

「他にも伝えたいことある」と補足し、ファンが気にかけているジェルくんについて説明しました。

5月の東京ドーム終えた後に、このドームが終わったら活動休止したいという申し出があった

  • ジェルくんとは連絡を取り続けていて、話もしているが、いつ復活という話はできない
  • ジェルくんの気持ちが一番大切
  • ジェルくんはすとぷりのことを考えてくれている

今後のことについて、リスナーさんにはきちんと説明していく

とのことでした。

ジェルくんについてはとても心配ではありますが、本人の気持ちが一番大切だと思いますので、何か説明があるまで見守っていきたいですね。

まとめ

この記事では、配信を聞くことができなかった方のために

  • ななもりがなぜツイキャスで配信したのか
  • ななもりが活動休止中に考えたことや行っていたことは何か
  • ななもりがこれからどのような活動をするのか
  • ななもりからジェルくんについての説明

についてまとめました。

配信終了後午後10時にななもりさんがサブ垢でツイートしています。

https://twitter.com/nanamorisan/status/1603013529355026434

個人として活動していくことと
グループでは裏方として支えていくこと
を明記しました。


取り返しのつかないことをしてしまったのは事実ですが、「これからどうするか」でしか人間は変われないと思うので、決意を行動に移し、頑張って欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次